無料相談 外壁塗装 屋根塗装 内装塗装 マンションオーナー向け

株式会社イワソー
横浜市保土ヶ谷区新桜ヶ丘1-26-23
[フリーダイヤル]
0120-99-7248
[TEL]
045-355-2553
受付時間/8:00~20:00

【施工地域】
川崎市
幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区

横浜市
港北区・青葉区・都筑区

HOME > 塗装ブログ > アーカイブ > 2011年1月アーカイブ

塗装ブログ 2011年1月アーカイブ

横浜市。プール進展!

今日もプール行ってまいりました!

みんな慣れてきたのかスムーズですねnote

今日のメインは外回りの中塗りです!一番端っこの部分です。だいたい端っこは一番手間がかかります。

今回中塗り上塗りは艶の出方が違うだけでして色は一緒です。仕上がりの感じがわかってくるので楽しいですね。ハケをいれるのも気持ちがはいります。

ほんとです。

 

そんな感じで今週も張り切っていきましょう。

では、お疲れ様でした!


続編、横浜市鶴見区です!!

こんばんは。

2011_0129_152954-DSCF5546.JPG

2011_0129_080107-DSCF5543.JPG

先日サビ止め写真を掲載しました折半屋根の中塗り写真です。

綺麗ですね。親方が塗りました。屋根が綺麗だとほんと気持ちがいいです。

左側グレーの部分がサビ止めです。違いがわかるように残してあります。

プールのほうは順調です。

 

さぁ明日も仕事だ!

あれ?いつ休みだ?笑

 

とにもかくにも頑張っていきましょう!

お疲れ様ですsmile


写真は横浜市鶴見区です。

お疲れ様です。今日はなんだかとても寒い日でしたね。

2011_0128_151354-DSCF5542.JPGのサムネール画像

こちら鶴見区にありますアパートの鉄骨階段です。天井部分がケレン後です。よく削れています。笑

蛍光灯付近を見てもらえばわかりますが、結構ぼろぼろです。このまま塗ると結局一緒にはがれてしまうので、ケレンという作業をします。

ほかには塗装がサビと一緒に浮いてきてボツボツしているのなんかも削ります。ケレン&養生が地味ですが一番仕上がりに関わる工程です。

 

さて、僕は栄区にありますプールに引き続きです。

本日午後からサビ止め二回目です。艶があるサビでしたんで、仕上がってるんじゃないかってくらい綺麗です。楽しいですね。

仕上がりが楽しみです。

では今日はこのへんで。

 

お疲れ様でしたsmile

 

 

 

2011_0123_121405-DSCF5524.JPG

 

 

 


横浜市栄区にて

本日も頑張りました!明日にはサビ止め終わるといいです。

鉄骨部分はなかなかジャングルなので結構疲れます。

おやすみなさい笑

 


本日は横浜市鶴見区です。

こんばんは。うっかり寝てしまいました。

本日は鶴見にあるアパートの外壁、屋根塗装です。

2011_0126_163022-DSCF5528.JPG

2011_0126_091033-DSCF5525.JPG

こちらサビ止め後の写真です。今回はグレーのサビ止めです。

折半屋根というやつでとても腰が痛くなるんですね。歩くのもなかなか疲れます。

僕はプールのほうに行ってたんですけどね。笑

相変わらずこちらもサビ止めです。あと二日でサビ止め終わるという予想なのですが、はたしてどうなるのでしょうか。

引き続き頑張ります!

 

2011_0126_091033-DSCF5525.JPG


今日も横浜市栄区のプールです!

お疲れ様です。

 

昨日に引き続き鉄骨のサビ止めです。ずっと上を向いているので首とあごの下が筋肉痛ですbearing

今のところ順調に進んでおります。

目に見えて進んではいないのですが、終わってみると結構進んでます。チームワークですね。

今日は後輩の面倒も見ていたのですが、自分が昔言われたことをそのまま言うのはなんだか難しい気持ちですね。笑

つまり最初は出来なくて当たり前なんですね。

その当たり前がなぜ当たり前なのかというと頑張っているからだと思います。

はい。ということで明日も頑張りましょう!笑


本日は横浜市栄区のプールです!

こんばんは。

 

今日は昨年末から工事しているプールに行ってまいりました。

久々の室内でしたんで、風がなくて快適でしたnote

どのような作業かというと、屋根を支える文字通り鉄骨を塗り替える作業でして、屋根まで届く足場が組んでありとてもかっこいいです。笑

今回サビ止め一回目を塗ってきました!さすがにプール大きいですcoldsweats01まだまだ終わりませんね。

 

あと三工程残ってますが、完成したときの達成感はありそうですので、皆さん頑張りましょう!

では本日もお疲れ様でしたhappy01


ひき続き川崎市川崎区にて外壁塗装工事です。

こんばんは。お疲れ様です。

本日外壁のほうの上塗りをやってきました。やはり重ねて塗ると艶がすごいです!

壁が光っておりますshine

仕上がりを見るととても充実感がありますね。しかしこれで終わりではなく、後日手直しやら樋の塗装等がありますので、まだまだ終わりません。

 

そんな感じで、明日も頑張ります! 屋根サビ  

2011_0121_174545-DSCF5519.JPG

2011_0121_174545-DSCF5519.JPG

2011_0121_174545-DSCF5519.JPG


川崎市川崎区にて屋根塗装工事です。

こんばんは。今日は先日外壁塗装をやりました店舗様にて屋根のサビ止め塗装をやりました。

工程としては水洗い→ケレン→清掃→サビ止めという流れです。

2011_0121_142542-DSCF5517.JPG

こんな感じにトタン屋根の骨の部分、かわら棒さんや室外機の配管等を先にハケで塗りこみます。今回は赤い塗料なので赤い部分が塗装されている部分です。

平面はローラーで転がすので、転がすときにスムーズに転がせるようにするわけです。これ塗装の基本です。どこをハケで塗ればいいのか、どこは転がせるのかを把握するということはとても大事なんです。ぱっと見てわかるようになるとやはりそれが上達ですね。

最初のころはぜんぜんわからなかったんでいつも聞いてました。迷惑かけてすいません。それは今もですね。笑

そんなこんなで無事サビ止め完了しましたnote

え~、写真が一枚しか載せられないみたいなので明日サビ止め完成写真載せます!

ではまた明日。

本日もお疲れ様ですsmile 

 

 

 

 

2011_0121_174545-DSCF5519.JPG

2011_0121_174545-DSCF5519.JPG

 


本日は横浜市旭区の駐輪場塗装です。

こんばんは。本日は駐輪場の塗装ということで、寒かったです。笑

寒さ対策というのも外で仕事をするわけですから大事な仕事ですね。なんかモコモコしています。

この現場には二週間くらい前から入っていまして、団地の駐輪場なので駐輪場5,6個単位で一区切りします。本日は3ロット目の中塗りという作業でした。

だいたい鉄部塗装はケレン→サビ止め→中塗り→上塗りという工程で進んでいきます。塗膜がしっかりと付くようにしているわけですね。

僕は目に付きにくい細かいところなどを塗りました。なんかすみっこのボルトとかですね。ボルトをしっかり塗れるようになるといろんな事が出来るようになるので、人目にはあまりつかないですが結構重要です。

 

そんな感じで日々勉強なんです。明日も勉強です。明日も学んできます。

では、お疲れ様ですscissors

 


川崎市川崎区にて外壁塗装工事です。

魚春 屋根本日からブログを頑張って更新しますのでよろしくお願いします!

ということで、本日から川崎市川崎区の商店街にあります店舗の塗装工事に入りました。

初日なのでトラックに積んできた道具などなどを現場に下ろしたりなにやりまずわ雑用からなんです。

基本下っ端仕事なんですが動きが遅いのでみんなでやっています。なんかすいません。

その間に偉い人(笑)はどんな感じに仕事を進めていくか等を見ているわけですね。そうするとスムーズに仕事が進むわけです。

 

今日はまず外壁面の養生をやりました。塗らなくていい場所、汚れてはいけない場所等をマスキングテープでふさぐわけです。これが塗装をする上で一番大事な作業です。難しいんですこれが。基本的に外壁には窓があるんですが、この窓の形もいろいろありまして、初対面の形に出会うとビックリするくらい動きが止まってしまいます。今日のはオーソドックスな窓でしたので・・・というか僕はもういろんな窓ができなきゃいけないんですけどね。

そんな感じで今日の作業は養生がメインでした!その後屋根の掃除。明日、明後日あたりには屋根のほうも塗装に取り掛かるのですが、今日はその下準備までの写真を掲載します!

 

魚春 屋根 2011_0119_152724-DSCF5513.JPG 見てもわからないですね。笑

これが数日後にはとても綺麗になっているはずなんで、お楽しみに!

 

書くことがいっぱいありすぎてまとまらなかったですが、今日は軽く養生についてお話させていただきました。

塗装についてはまた次回!

 

それではまた明日。

お疲れ様です scissors

魚春 屋根 魚春 屋根

 


« 2010年6月 | メインページ | アーカイブ | 2011年2月 »

このページのトップへ